タッチパネル&非接触IC式電気補助錠スマート リムロック(Smart RimLock)の製品紹介・特設サイト

HOME全国販売店サイトマップ株式会社フキ

スマートリムロック特設サイト SmartRimLock スマートリムロックの紹介 スマートリムロック管理ソフト スマートリムロック ダウンロード スマートリムロック よくある質問
スマートリムロック 特設サイト SmartRimLock
HOME > 管理ソフト

スマートリムロック 管理ソフト

 
  • iNAHO アクセスコントロールシステム
  • スマートリムロックの機能の一つとして、電池カバー内にあるUSBジャックでスマートリムロックとパソコンを連動させることにより、各種設定の変更、登録情報の管理・入退出履歴の観覧・検索などの機能を使用することが可能になっています。 
    アクセスコーンとロールシステムソフトはダウンロードコンテンツよりダウンロードが可能です。

    スマートリムロック管理ソフト
    - ダウンロード -


    管理ソフトにより開放される数々の機能

    スマートリムロック特設サイトより、パソコン用管理プログラムをダウンロードすることにより、
    【iNAHOアクセスコントロールシステム】をご使用いただけます。
    スマートリムロックのカードリーダーを使用することにより、別途カードリーダーを用意する必要がありませんので、
    導入に関してのコストが掛からないところが当製品の強みです。

    ※データのダウンロード・アップロード及びカードリーダーを使用する場合はスマートリムロックと接続する必要があります。 持ち運べるノートパソコンの使用をお勧めします。

    ※接続に必要なUSBケーブル(スマートリムロック側がUSBミニBタイプのUSBケーブル)は、各自ご用意ください。

    スマートリムロック管理ソフト
  • ドアロック情報画面
  • 運用しているスマートリムロックを管理する事が出来、複数台の利用も加味されたシステムになっております。
    使用場所により名前をつけたり一目で分かりやすい構成になっております。

    接続されたスマートリムロックは各種設定変更タブにより、現在の設定やパスワードが表示されるほかモード設定・
    時刻合せ・各種パスワードを簡単な操作で変更できるようになっています。

    スマートリムロックドアロック情報画面
  • 使用履歴照会画面
  • スマートリムロックにメモリーされた使用履歴(最大3000件[古データ上書き式])を管理ソフトで収集し、観覧することが可能です。
    観覧の際、あらゆる条件で絞込み検索をかける事が可能なので、見つけたい履歴の発見に大変便利に出来ております。
    ストックされる履歴のイベント内容は、開錠/施錠のみならず、登録や設定変更などの作業も履歴として残ります。

    複数台のパソコンで履歴を収集した場合でも、専用履歴ファイルのインポート・エクスポートが可能になっており、
    ファイル出力もエクセル・CSVに対応しています。選んだ履歴をダイレクトに印刷する事も可能ですのであらゆる
    シーンに対応可能です。

    ■イベント項目■
    ユーザーカード開錠ユーザーパスワード開錠Mカード開錠Mパスワード開錠OPENボタン開錠
    サムターン開錠リモコン開錠火災感知開錠施錠ユーザーカード登録ユーザーパスワード登録 
    Mカード登録Mパスワード登録リモコン登録ユーザーカード削除Mカード削除リモコン削除
    時刻設定モード設定[ユーザーモード]モード設定[マスターモード]モード設定[マネジメントモード] 
    パソコンデータ一括登録ユーザー初期化ドアロック完全初期化シャットアウト設定[設定]
    シャットアウト設定[解除]侵入探知火災感知 - 全28項目

    スマートリムロック使用履歴照会画面
  • カギ情報登録画面
  • 使用ユーザーの情報を管理できます。スマートリムロックと管理ソフトをつないで登録したカードや携帯電話に使用者の
    名前を設定することで、履歴情報を収集した際にカギ情報に名前を添えて表示されますので一目で見て、
    使用者が判断できます。
    スマートリムロックで登録した情報も管理ソフトにダウンロードし編集が可能です。
    また、編集したユーザーの情報を接続しスマートリムロックにアップロードすることが可能になっております。

    データベース・編集リスト共に、専用ファイルでのインポート・エクスポートやエクセル・CSVファイル出力、
    更には印刷まで可能になっております。

    スマートリムロックカギ情報登録画面
  • バックアップと外部メディア運用
  • 管理ソフトの情報をバックアップする事により、大切な情報を万が一のクラッシュに備える事ができるほか、
    パソコン変更時などのデータ移行もスムーズに行えます。
    さらに、管理ソフト自体をSDカードやUSBメモリー等の外部メディアに入れて運用する事で、パソコンに情報を残さず
    複数台のパソコンで運用するといった高セキュリティでの運用が可能です。

    スマートリムロックからUSB等にバックアップ
スマートリムロックの取付け施工を伴わない販売に関する注意事項 スマートリムロック TOPへ
Copyright (c) 2016 FUKI Co., Ltd. All Rights Reserved.